日慶上人にいただいたお言葉

ありがとうございます。私が日慶上人からいただいたお言葉をご披露させていただきます。 

一つ目は仕事に関する事で、「仕事が靴の関係の事ならば、お参詣が増える為のご奉公、ご信者さんがお参詣し易くなる為のご奉公をさせて頂くと良いですよ。お参詣の時は必ず靴を履いてお参詣する。だから、そういったご奉公をさせて頂いていれば必ず仕事もうまくいくから。」というご指導を、平成6年9月の甲の御講のお席を受けさせていただいた時にいただきました。 

乗泉寺本堂二つ目は、御奉公に関する事で、「今させていただかないでいつ御奉公させていただくんだ。『時間が出来たら……』とか言っている場合ではない。今させていただかなければ御奉公させていただく時がなくなってしまう。」と平成11年1月の開講記念総講で、いつもウィットに富んで優しい日慶上人のいつになく厳しい一言が心に刻まれました。

三つ目は、口唱に関する事で、「これはすればする程上手くなるんだ。これからも頑張りなさい。」と、平成11年の9月の甲のお講で初めてお拍子木の御奉公をさせて頂いた時に励まして頂きました。 

三つのお言葉それぞれが、私生活で大きな転機を迎えている時期の事で、素直に実行させていただいた事で、お計らいをいただいて良い方向に向かっていく事が出来ました。 

今でも、三つのお言葉が強く心に残り、今私にとってご信心中心の生活をさせていただけている大きな指針となっています。これからも、このありがたいご信心を周囲の人、次の世代に伝えて行けるよう精一杯ご奉公させていただきます。(Y.N)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。