Gohomon words

24. Ojyogyo

  The Buddhism preaches “four sufferings and eight pains”. We’re doomed to face four sufferings of birth, aging, illness and death. Ojyogyo is chanting the Odaimoku to help people suffering. For instance, the Ojyogyo has cured a lot of people of their intractable diseases our modern medical science can’t deal with.

 仏教には「四苦八苦」が説かれており、私達は、生・老・病・死の四つの苦しみから逃れる事は出来ません。お助行は悩み苦しむ人々を救う為に、御題目を口唱する事です。例えば、現代医学ではどうする事も出来ない難病を抱える多くの人がお助行によって救われています。

*1. Ojyogyo: お助行

*2. four sufferings and eight pains: 四苦八苦

*3. birth, aging, illness and death: 生・老・病・死

尚、上記には私見が含まれています。


Gohomon words

23. Oko

  We regularly chant the Odaimoku and listen to a Gohomon with other practitioners at home (Oko). The Oko is also called “a training hall for spreading the Odaimoku”. Conversations about benefits, practices and more are exchanged after the Oko. In addition to chanting in this temple, the Oko is also important for brushing up our minds and accumulating merits.

  「御講」と言って、定期的に私達はご信者宅にて御題目をお唱えし、御法門を聴聞させていただいています。御講は別名「御弘通の道場」とも呼ばれ、御講の終了後には、御利益、信心修行などについて話し合います。お寺参詣に加え、御講参詣もまた、心を磨き、功徳を積む為の大切な機会です。

*1. Oko: 御講

尚、上記には私見が含まれています。


Gohomon words

22. united in minds, while separated in bodies

  We can’t receive manifested benefits through practicing alone. Being different from each other, we can solidly be united and support each other. Needless to say, cooperativeness among the practitioners is indispensable. In this Josenji temple, all of us are daily chanting the Odaimoku for accumulating the merits together.

  一人信心では現証御利益の感得は適いません。身体は異なれど、私達はしっかり心を一つにして支え合う事が出来るのです。ご信者同士の協調性が大切なのは言うまでもありません。乗泉寺では、皆が功徳を積ませていただける様、供に御題目をお唱えしています。

*1. united in minds, while separated in bodies: 異体同心

尚、上記には私見が含まれています。


Gohomon words

21. correspondence between the Buddha and our minds

  Chanting the Odaimoku whole-heartedly is of great importance for realizing the correspondence between the Buddha and our minds and receiving many manifested benefits. However, if we’re chanting the Odaimoku absent-mindedly or chanting while sleeping, the benefits will naturally be minimized. The Buddha is seeing into our minds all the time.

  真剣に御題目口唱に励む事が大切で、真剣な御題目口唱によって仏さまと私達の心とが感応道交し、数多くの現証御利益をいただく事が出来ます。しかしながら、居眠りやいい加減な口唱では、当然ながら御利益の感得は適いません。仏さまは常に私達の心の中を御照覧なのです。

*1. correspondence between the Buddha and our minds: 感応道交

*2. manifested benefit: 現証御利益

尚、上記には私見が含まれています。


Gohomon words

20. saha world

  A place we’re living is called “saha world”, which is full of conflicts. In this saha world, we’re living our lives as if walking in the darkness. “The future is a closed book”. However, chanting the Odaimoku illuminates the darkness, ensuring protections by the guardian kings of heaven both night and day.

 私達が住んでいるこの場所は「娑婆世界」と呼ばれ、争い事や危険が絶えません。この娑婆世界における私達の人生は、先の見えない闇の中を手探りで進む様なものです。まさに一寸先は闇の世界です。ところが、御題目をお唱えすれば、その御経力によって闇は照らし出され、昼夜を問わず諸天の御守りをいただく事が出来るのです。

*1. saha world: 娑婆世界、私達が住んでいるこの世界

*2. guardian kings of heaven: 諸天善神

尚、上記には私見が含まれています。


Gohomon words

19. guardian kings of heaven

  The guardian kings of heaven include Bonten, Taishakuten, Shitenno, Kishibojin and others. For instance, Kishibojin previously abducted and ate other children. However, Kishibojin changed her mind and took refuge in the Lotus Sutra after the Buddha had admonished her. In the Lotus Sutra, the guardian kings of heaven have pledged to protect practitioners eagerly chanting the Odaimoku.

  諸天善神には梵天、帝釈天、四天王、鬼子母神などが含まれます。例えば、かつて鬼子母神は他人の子供をさらい食していました。ところが、仏さまのお折伏によって鬼子母神は気持ちを入れ替え、法華経に帰依する事になりました。法華経の中で、諸天善神は真剣に御題目口唱に励む行者を守護する事を誓願しています。

*1. guardian kings of heaven: 諸天善神

*2. admonish: 折伏する

尚、上記には私見が含まれています。


Gohomon words

18. Buddha’s nature

  In fact, all of us have Buddha’s nature. Some people misunderstand that they can awaken their Buddha’s nature by meditating. But common people in this Mappo period don’t have any capabilities for meditating. Chanting the Odaimoku can awake our own Buddha’s nature, resulting in attaining Buddhahood.

 事実、私達の心の中には仏性が宿っています。瞑想修行によって仏性を目覚めさせる事が出来るという誤った考えを持っている人もいます。しかしながら、末法時代の私達は瞑想を行じるだけの機根を持ち合わせていません。この末法時代においては、御題目をお唱えし、私達の心の中にある仏性を目覚めさせる事によってのみ成仏が適うのです。

*1. Buddha’s nature: 仏性

*2. common people: 凡夫

*3. capability: 機根、仏道を行じる能力

*4. attaining Buddhahood: 成仏

尚、上記には私見が含まれています。


Gohomon words

17. Bodhisattva practicing

  In addition to chanting the Odaimoku, we’re stressing “the Bodhisattva practicing” as well. A lot of people are suffering from business, human relations, illnesses, natural disasters and others in this modern society. The Bodhisattva practicing is recommending chanting the Odaimoku to such people. We can also accumulate the merits while helping others through the Bodhisattva practicing.

  御題目口唱に加え、私達は「菩薩行」を重視しています。この現代社会では、多くの人が仕事、人間関係、病気、自然災害などに悩み苦しんでいます。菩薩行とは、そうした人々に御題目口唱をお勧めする修行です。菩薩行を通じて他の人を救う事で、私達もまた、その功徳をいただく事が出来るのです。

*1. Bodhisattva practicing: 菩薩行

尚、上記には私見が含まれています。


Gohomon words

16. Buddha’s teachings in the past, present and future lives

  The Buddha’s teachings aren’t aiming at the present life only. We’re daily chanting the Odaimoku to eliminate our sins accumulated in the past life and repeatedly transmigrate in the world of Bodhisattvas for chanting and the Bodhisattva practicing.  

  仏さまのみ教えは現世一端のものではありません。日々私達が御題目をお唱えさせていただくのは、過去世の罪障を消滅させ、来世も菩薩界に生まれ変わり御題目口唱・菩薩行に励ませていただく為です。

*1. Buddha’s teachings in the past, present and future lives: 三世に亘る仏さまのみ教え

*2. Bodhisattva practicing: 菩薩行

尚、上記には私の私見が含まれています。


Gohomon words

15. flowers and candle light

  Besides food and drinks, flowers as well as candle light are also offered to the Gohozen. Flowers and candle light mean the Buddha’s life and his wisdom respectively. Thus, we need always offer fresh flowers to the Gohozen.

 食べ物と飲み物の他に、お花とお灯を御宝前にお供えいたします。お花とお灯は、それぞれ仏さまの命と仏さまのお智恵を意味します。ですから、御宝前にお供えするお花は常に新鮮なものでなくてはなりません。

尚、上記には私の私見が含まれています。


Gohomon words

This page shows Gohomon words preached in this Josenji temple. Our Gohomon is based on teachings of the Lotus Sutra and Nichiren Shonin.

ここ乗泉寺において私達が聴聞させていただている英語の御法門用語を掲示しております。当宗の御法門は法華経、日蓮聖人のみ教えに基づくものです。

14. repentance

  We’ve already accumulated a lot of sins due to disparaging the Dharma in our past lives. So, we never fail to repent our sins in the past lives and pledge to uphold the Odaimoku until attaining Buddhahood in front of the Gohozen before chanting the Odaimoku. Our sins can be eliminated by repenting and chanting.

 過去世から私達は謗法の罪を積み重ねてきている訳ですから、御題目をお唱えする前に必ず御宝前に向かって過去世の罪障をお懺悔し、仏身に至るまで御題目をお持ちする事をお誓いします。過去世の罪障をお懺悔し、御題目口唱に励めば、私達の罪障は消滅していきます。

*1. disparaging the Dharma: 謗法

*2. repentance: お懺悔

*3. attaining Buddhahood: 成仏、仏身に至る事

*4. Gohozen: 御宝前

尚、上記には私の私見が含まれています。


Gohomon words

This page shows Gohomon words preached in this Josenji temple. Our Gohomon is based on teachings of the Lotus Sutra and Nichiren Shonin.

ここ乗泉寺において私達が聴聞させていただている英語の御法門用語を掲示しております。当宗の御法門は法華経、日蓮聖人のみ教えに基づくものです。

13. consolation

   In general, most of the people visit temples to console their ancestors only a few times a year. In this Josenji temple, we’re daily chanting the Odaimoku for comforting the deceased as well as our ancestors, resulting in receiving the merits for better future lives.

  世間一般では、先祖回向の為にお寺に足を運ぶのは年に数回という方がほとんどでしょう。ここ乗泉寺では、毎日御題目をお唱えし、先祖や故人のご回向を行っています。同時に、ご回向の功徳によって私達自身の人生もまた豊かになっていくのです。

*1. consolation: 回向、弔い

*2. console, comfort: 弔う

尚、上記には私の私見が含まれています。


Gohomon words

This page shows Gohomon words preached in this Josenji temple. Our Gohomon is based on teachings of the Lotus Sutra and Nichiren Shonin.

ここ乗泉寺において私達が聴聞させていただている英語の御法門用語を掲示しております。当宗の御法門は法華経、日蓮聖人のみ教えに基づくものです。

12. law of causes and results

  The Buddhism says that all of us are affecting each other. Whether we can live happily depends on our own behaviors. In other words, we can be happy by making others happy, which is called “the meritorious causes and results”. On the other hand, we will accumulate sins causing our sufferings in the future by distressing others.

  仏教には、私達は皆互いに影響を与え合っていると説かれています。幸せな人生を歩めるか否かは、私達自身の言動にかかっています。「善因善果」と言って、他の人を幸せにすれば、自分自身も幸せな人生を歩む事が出来ます。反対に人を苦しめれば、自身の苦しみの元となる罪障を積む事になってしまいます。

*1. law of causes and results: 因果の道理

*2. meritorious causes and results: 善因善果

*3. vicious causes and results: 悪因悪果(善因善果の対義語)

尚、上記には私の私見が含まれています。


Gohomon words

This page shows Gohomon words preached in this Josenji temple. Our Gohomon is based on teachings of the Lotus Sutra and Nichiren Shonin.

ここ乗泉寺において私達が聴聞させていただている英語の御法門用語を掲示しております。当宗の御法門は法華経、日蓮聖人のみ教えに基づくものです。

11. five kinds of greed

   We have greed for eating, sleeping, money, sex and honors, which is required to some extent. Not being able to go beyond the limit, we can’t be too careful about the excess greed. Such greed causing sufferings and troubles can be minimized by chanting the Odaimoku.

 私達には、食欲、睡眠欲、金銭欲、色欲、名誉欲の五つの欲があり、ある程度私達が生活を営む上で必要となるものではありますが、こうした欲には限度がありませんから、過剰に欲する事のない様、注意が必要です。御題目をお唱えさせていただけば、苦しみの根源である五欲を抑える事が出来るのです。

*1. five kinds of greed: 五欲 

尚、上記には私の私見が含まれています。


Gohomon words

This page shows Gohomon words preached in this Josenji temple. Our Gohomon is based on teachings of the Lotus Sutra and Nichiren Shonin.

ここ乗泉寺において私達が聴聞させていただている英語の御法門用語を掲示しております。当宗の御法門は法華経、日蓮聖人のみ教えに基づくものです。

10. merits of chanting the Odaimoku

  All of us can’t escape from the transmigration among the six worlds consisting of the hell, hungry spirits, animals, asuras, human beings and heavenly beings. In other words, we never fail to fall down these agonizing worlds after our death. In this Josenji temple, we’re always chanting the Odaimoku to accumulate merits making us get out of the agonizing transmigration among the six worlds.

   私達の自力では六道(1. 地獄, 2. 餓鬼, 3. 畜生, 4. 修羅, 5. 人間,         6. 天上,)輪廻から逃れる事は出来ません。すなわち、死後、私達は必ずこれらの苦しみの世界をさまよい続ける事になります。乗泉寺では、功徳を積ませていただく為、私達は日々御題目口唱に励んで     おり、その口唱の功徳によって六道輪廻の苦しみから逃れさせていただけるのです。

*1. six agonizing worlds: 六道と呼ばれる苦しみに満ちた6つの世界

尚、上記には私の私見が含まれています。