Gohomon words

26. persecution in Tatsunokuchi

  Yoritsuna Taira took Nichiren Shonin criticizing other religious sects as well as the Kamakura government to an execution chamber in Tatsunokuchi, Kanagawa prefecture on September 12, 1271. Though Yoritsuna Taira’s subordinate swung up his sword for beheading Nichiren Shonin there, Nichiren Shonin was saved from the execution by a mysterious shining object having emerged in the direction of Enoshima Island.

  1271年9月12日、日蓮聖人は、鎌倉幕府や他宗を批判したとして、平頼綱により龍ノ口の刑場(神奈川県)に連行されました。刑場にて頼綱の家来が日蓮聖人の首を切り落とそうと刀を振り上げた時、江ノ島の方角に現れ出た不思議な光り物が日蓮聖人の斬首を阻止されたのです。

*1. persecution in Tatsunokuchi: 龍ノ口の御法難

*2. Yoritsuna Taira: 平頼綱(北条氏得宗家の御内人)

尚、上記には私見が含まれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。