諸天守護(寒参詣体験談)

ありがとうございます。昨年の3月17日の日曜日に兄と一緒に八王子別院へお墓参りに行く車の中で、兄からおとといの夜、会社のゴミ箱で「ボヤ」騒ぎがあったと聞かされました。私は少し驚きましたが、ボヤ程度のことと、あまり深く考えずにいました。

翌日、いつもより早く会社に行くと事の大きさにとても驚きました。私の会社は1階が300坪の作業工場、二階は150坪の事務所で、社員は十数名の小さな建具店です。

私は2階で事務の仕事をしておりますが、事務所の扉を開けただけで、きな臭さを感じ、廊下も事務所もすべてススだらけだったのです。机の引き出しもススで手が黒くなりました。なぜ大事に至らなかったのかと、1階の作業工場に行ってみました。

作業工場には、木材を扱う木工部と金具類を扱うサッシ部の部屋があるのですが、サッシ部の部屋で作業をしていたから良かったのです。

家具の塗装作業を普段なら木工部でするのですが、その日に限ってサッシ部でしていたのです。塗装作業後にペンキやシンナーの染込んだ雑巾などをしっかり片づけることになっていますが、金曜日の作業は夜遅くまでかかったので、ゴミ箱に入れただけで帰ってしまったのです。その雑巾などが自然発火したのです。

16日の土曜日の朝、社員が出勤すると、火災報知器の音に気づき、慌てて工場に入るとその光景に驚いたそうです。工場全体が黒く、高い天井までススで黒くなっていたのです。燃えた場所は、ゴミ箱と作業台周辺だけで、他に燃え移らず、火が自然と消えたことに不思議だと言っていました。

もし木工部で起きていたらと思うとぞっとします。工場には御本尊様を奉安さえていただいております。御法様がお守り下さったに違いありません。小さな会社ですが、大切な会社です。火事で近所の方に迷惑をかけずに、会社も社員も無事で令和2年の新年を迎えることができましたのも、御法様のお陰です。報恩の御奉公に尚一層励ませていただきます。ありがとうございます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください