家族でご信心

私は、本山宥清寺の青年会で活躍していた主人と結婚し、佛立信者となりました。三代目の主人と義母に御宝前のお給仕、朝夕のお看経、お寺参詣、お講参詣の大切さを学びました。

長男が生まれ本山にて初参りをし、朝夕のお看経で、御先祖様の追善回向、家内安全、身体健全、法灯相続の御祈願しておりました。四十五年に主人の転勤により、渋谷乗泉寺、光隆寺立川別院、また本山宥清寺と御奉公させていただきました。

その間たくさんの御利益を頂戴し、家族そろって元気で過ごせるのはご信心のお陰と随喜しております。この度小平市に永住することになり、新座別院にお世話になることになりました。開導聖人ご生誕二百年慶讃・佛立開花運動の中、ぜひこの期間中にお供え教化をさせていただこうと、主人と話し合いました。

そして息子に信心の大切なことを話しましたところ、心よく四代目の法灯を相続する意志を固めてくれました。本当に有難い思いで一杯です、

これからは、親子共々信行御奉公に勤めさせていただく所存でこざいます。

(涌出・平成29年夏期参詣より)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。