One for all, all for one.

ラグビーのワールドカップが開催されています。本日、日本はグループリーグ最大の難敵、アイルランドとの対戦です。日本チームの勝利のためにエールを送りましょう。

One for all, all for one.ラグビーで、よく聞かせていただく有名な言葉です。「一人はみんなのために、みんなは一つの目的(勝利)のために」という意味だそうです。

ラグビーのフィールドプレイヤーは15人で、その15人で様々な戦術でトライを狙い、勝利を目指します。選手の体型は、体格のよい選手もいれば、小柄であったり、長身の方もいます。また選手の能力も、フィジカルが強かったり、足が速い、キックが上手いなどの違いがあるものです。

各々がもっている力を発揮し、一人一人の力を集結させてこそ、一つの勝利という目的が達することができるというのです。私はラグビーをプレイしたことはありませんが、ラグビーの試合を見させていただくだけで、One for all, all for one.の言葉が重みが伝わってきます。

これの言葉の精神は、ラグビーだけでなく、どの集団、組織、地域や国、全世界においても相通じるものがあるのではないでしょうか。

ことわざに「駕籠(かご)に乗る人担(かつ)ぐ人そのまた草鞋(わらじ)を作る人」とあります。

あらゆる人がいてあるゆる世界が構成されているのです。能力に違いはありますが、違いがあるからこそ、この世の中が存在しているといことになります。

だから変に卑屈になることはなく、今の自分にできる生き方をすればいいわけです。ただよい目的をもって生きることが大切ではないでしょうか。

だれだって住みやすい社会になることを望んでいるものです。一人一人の切なる願いもありますが、大きな目的も持ちながら生きていく。そうすれば、人としての命の尊さも感じられ、よりよく生きることができ、必ずやよい社会になるはずです。

ごちゃごちゃいいましが、とにかく日本チームの勝利のために今の自分にできるエールを送りたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。