夏期参詣御利益談

ありがとうございます。

今年二月の月初めに不動産屋さんから「三月七日までに部屋を立ち退いて下さい」と言われました。「仕事をしているので一ヵ月では無理です」と言いますと、「大家さんには昨年の九月に手紙を出しておいたのですが、何も聞いてませんか」と言われました。「何も知らされてません」と答えましたら、「それはお気の毒です、でも来年の三月までには立ち退いて下さい」とのことでした。

そこで真っ先に頭に浮かんだのが、新しく部屋が見つかってもお講席を受けられなくなるのではと心配になりました。今まで住んでいた所では、お講をお受けするたびに嫌な顔をされたり、大変な思いをしてきましたので、今度は悩まずにお講を受けさせて頂ける所が見つかります様にと御法様におすがりし、お看経をあげさせて頂きました。

しかし、中々思うような所が見つからず、日吉近辺をもう諦めていましたが、引っ越しの一週間前、別の小さな不動産屋さんで、私の希望する条件を言いますと、日吉駅から歩いて十分の所がありますと言われ、さっそく見に行きました。

ここならお講ができると思い借りることにしました。静かで環境が良かったのですが、あまりにも静かすぎてお講席が本当にお受けできるか不安になりました。
そうこうしている内に、二月の引っ越しの多い中、親切な引っ越し業者がみつかり、手早く引っ越しをして下さり、本当に助かりました。少し落ち着いた六月二十八日には、思い切って婦人会御講を受けさせて頂きました。

この度の引っ越しにあたり、沢山の人達が親切に良くして頂き、さらに当日はご信者さん達がお手伝いに来て下さり、大変有り難く、又良い所がみつかったね、と言われたのがとても嬉しかったです。

すべて御法様からのお計らいと感謝しきれないほど、とてもとても有り難かったです。この御礼はお教化しかありませんので、必ずお教化をさせていただくよう精進させて頂きます。(T.N)


令和元年 夏期参詣

令和元年に入り、初めての夏期参詣が本日よりスタートしました。7月1日~31日まで行われます。今年もあと半年になりますが、ご法様のお護りがいただけるように、誘いあって家族全員でお参詣させていただきましょう。

◎渋谷本寺 
・開門6時 
・御法門 朝参詣 1回目6時45分 2回目7時50分
夕看経時の16時50分
 今年も御法門聴聞室を設け、ビデオで終日聴聞させていただけます。
・信行体験談は朝参詣2回目の御法門の前に発表があります。
・無料シャトルバス 6:20~7:45の間 渋谷駅~乗泉寺正門
を運行いたします。  

◎世田谷別院
・開門6時
・御法門 朝参詣 1回目6時45分 2回目7時50分
・朝参詣2回目の御法門の前に信行体験談の発表があります

(土曜、日曜、祝日)

◎新座別院、多摩親会
・開門6時半
・御法門 朝参詣 7時45分

また土日祝日は総参詣日、13日は日曜総講、17日は開導聖人祥月御命日総講、28日は子どもお会式が、それぞれ奉修されます。この機会を活かし、家族総参詣につとめましょう。


開導会奉修

8日、9日と当山の開導会が奉修されました。今回のお会式は関西からの団参者、また門末寺院からの多数のお参詣をいただくことになっており、お参詣者の足下が気になる天気予報でした。

御導師はじめご信者一同で御祈願をさせていただき、お陰様で両日とも好天のお計らいをいただき、また各部署において準備から当日の御奉公まで志し厚い御奉公いただき、無事に合計8座のお会式を奉修させていただくことができました。

本当にありがとうございました。

 


開導会の予告

6月8日、9日、渋谷乗泉寺にて開導会を奉修します。

6月8日
 第1座  6:30開始 御奉公者の座
 第2座 10:00開始 班長大会
 第3座 11:30開始 縁づくりの座
 第4座 13:00開始 信行相続の座

6月9日
 第1座  6:30開始 御奉公者の座
 第2座 10:00開始 信寿会の座
 第3座 11:30開始 縁づくりの座
 第4座 13:00開始 青年の一座

各座ごとにテーマに即した発表をいたします。

今回の参詣目標は4239名です!
誘い合って多数参詣させていただきましょう!


紙芝居

1日に日曜総講が奉修され、多くのお参詣をいただきました。先月より日曜総講の前座御法門は、左右のモニターを使い紙芝居形式での法話をさせていただいております。

これは本年度の年間総祈願に家族総参詣強調と掲げていますように、家族連れの方、また若い方、最近お参詣されるようになった方にご信心のみ教えをより身近に感じていただければとの試みによるものです。

先月5月は、「うそをついいたおばあさん」で、うそをついた報いは必ず受けることを紙芝居で分かりやすく教えていただきました。

 

今月は法華経薬草喩品で仏様が説かれた「三草二木」の譬喩によって、仏様のお慈悲の平等さ仏様のお慈悲の頂き方を教えていただきました。

 


お参詣されたご信者さん方からは、大人も子供も法話を興味深く伺うことができたと、好評でした。

 

来月以降もこのような法話を予定しておりますので是非家族ぐるみで、また、今まであまりお寺へいらしたことのない方もお誘いして、毎月の日曜総講に是非一人でも多くお参りなさってください。