紙芝居

1日に日曜総講が奉修され、多くのお参詣をいただきました。先月より日曜総講の前座御法門は、左右のモニターを使い紙芝居形式での法話をさせていただいております。

これは本年度の年間総祈願に家族総参詣強調と掲げていますように、家族連れの方、また若い方、最近お参詣されるようになった方にご信心のみ教えをより身近に感じていただければとの試みによるものです。

先月5月は、「うそをついいたおばあさん」で、うそをついた報いは必ず受けることを紙芝居で分かりやすく教えていただきました。

 

今月は法華経薬草喩品で仏様が説かれた「三草二木」の譬喩によって、仏様のお慈悲の平等さ仏様のお慈悲の頂き方を教えていただきました。

 


お参詣されたご信者さん方からは、大人も子供も法話を興味深く伺うことができたと、好評でした。

 

来月以降もこのような法話を予定しておりますので是非家族ぐるみで、また、今まであまりお寺へいらしたことのない方もお誘いして、毎月の日曜総講に是非一人でも多くお参りなさってください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。