部長の御奉公

御教歌

一組の 長なる人は 其組の をこたりせむる 役めなりけり

部長の御奉公で大事なことは部内信者の懈怠をせめあうことです。懈怠即謗法でして、油断しますとすぐに怠け心が頭をもち上げ、怠けぐせがつきやすいですから、たえず、部内信者の一人一人にきめこまかく、丁寧に、御奉公を指示しましょう。信心は生きもの、少しでも手をゆるめるわけにはゆきません。

終わりは次の始めで朝参詣、日中参詣、御総講参詣、御講参詣、他寺院参詣などなどありますので、喜んで積極的におしすすめて下さい。信者が集まったらこの次の御奉公を話し合い、これからどうするという問題意識を楽しみにしましょう。

「流水腐らず」で、たえず動きつづけることです。安定というのは動きが活発であることで、自転車も走っているから倒れないのです。動きが止まりますと、信心がにごってきます。

よく異体同心ということを申しますが、字句の解釈としては体が異なっていてもお祖師さまの心と一つになることですが、具体的に言えば、お互いに折伏し合っても、お互いの関係がくずれない、こわれない、はなれないということです。 絶えず、はげまし合う、これが異体同心でして、たんに仲が良いというだけではありません。

「信徒の中の謗法は懈怠なり。懈怠を責め合ふを当講繁栄の基本となす。いか程御法門しりたりとて、懈怠を責めぬ人は悪人也。御弘通を思はぬ人也。」

ところが、折伏をさせていただきますと、怨まれたり憎まれたり、いわば怨嫉がおこりますので、それに耐える為には、「忍の一字」に住する場合もあります。決して弘通は平坦な道ばかりでなく、雨降りや山坂の時が多く、まさに、憎まれ憎まれて繁昌する大法です。

部長が積極的に前向きで、しかも陽気で明るいと部内に活気が出てきて発展してきます。部長の御奉公は体に誓えますと、足の裏の存在です。体全体を支えております。お寺全体を支えているのが部長の御奉公ですから責任重大です。

教化、参詣、助行、御講、御有志など、いろいろの御奉公がめじろおしに山積しております。毎月発表される弘通方針を理解し、絶えず部内の人々に周知徹底しなければなりません。人に折伏するのは自分の心に言い聞かせることです。

声に出してはげますのは自分に対する折伏です。御看経をし経力をいただいてから折伏しましょう。自力ではだめです。「教えるは学ぶの半ば」と申します。お祖師さまは、「我日本の柱とならん。我日本の眼目とならん。我日本の大船とならん」

と仰せられておりますが、この三大誓願を自分自身にあてはめて、部長は部内においては、柱であり、眼目であり、大船です。柱とは支え、眼目とは正しい方向を指示することで、大船は寂光に導くことです。

従って、部長は自信と勇気と希望とをもつて折伏にはげみましょう。折伏は慈悲の最極です。お祖師からお預かりしている信者一人一人に信心の魂を植えつける、これが部長の役目に外なりません。

「一切善根中の善の第-は折伏の大慈悲也。」

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください