恩師・日慶上人

日慶上人御13回忌
先住である恩師・井上日慶上人の御13回忌にお参詣させて頂く為に有給休暇を取り、当日に臨みました。

台風の影響で天気が心配されましたが、暑くもなく涼しいくらいの曇り空でした。


思い出すと12年前に上人がご遷化なされた10月22日もこの様な天気でした。何故覚えているかというと当時、毎日朝参詣をさせて頂いていて、朝から寺務所の電話が引っ切り無しになっていて境内で空を虚しく仰いだ記憶があるからです。
 

お看経のお導師であった上人に、少しでも多く口唱させて頂こうと思い、法要の1時間前より本堂でお看経をさせて頂きました。早く到着したこともあり、親族席の後ろに座ることが出来ましたが空席になっていた所に、井上日慶上人ご本人とご内室の淳子様、娘様でご奉公をなされていた津田寿子様が寂光よりお参詣されているのかな・・・と勝手に考えてしまいました。 

第13回忌法要の奉修導師をお勤めになられた小山御講尊がおっしゃられていた『よいお看経』を早速実践してみると、日慶上人がご存命の当時ガンガンお看経があがり、バンバン御利益を頂いていたあの頃を思い出しました。日慶上人より「しっかりせぇ!!」と言われたようではっとしました。 

平成の大法難を先頭に立ち、宗門及び乗泉寺を正しく導いて頂いた大御導師、日慶上人のご奉公を忘れず、しっかりと受け継いでいかなければなりません。法要が終わったから終わりでなく、終わりは次の始まりと川口御導師がおっしゃるように、これからの乗泉寺そして、本門佛立宗を我々が担わなければなりません。 

全くまだまだな自分ですがご信心に気張りたいと思います。(あゆみ会 K.T)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。