麻布での開筵式

日歓上人が明 治34年に住職となられたころの乗泉寺は麻布桜田町にあり、荒れ寺でした。しかし、日歓上人が御題目口唱第一の御弘通に励まれると、信徒がますます増え、新本堂建立の計画がされました。日歓上人は、その後を日晨上人にお委ねになり、そして、昭和2年5月7、8、9、10日の四日間にわたる開筵式が盛大に執り行われました。

その際の記念写真を、先日あゆみ会のTくんがスキャンしてくれましたので、数回にわたっていくつかご紹介させていただきたいと思います。

麻布法城日歓・日晨両上人、宮武氏

 

 

 

写真左:麻布時代の乗泉寺
写真右:右から日歓上人、日晨上人、宮武支部長
記念品、ポスター準備御奉公
写真左:記念品、ポスター
写真右:各部署での準備御奉公の姿
教務部教務名
写真左:当時の教務部
写真右:教務師の名前
開筵式準備委員 佛立第7世講有西村日淳上人をお迎えして
写真左:開筵式準備委員会
写真右:佛立第7世講有・西村日淳上人をお出迎えする教講
青年会、各御奉公者少年団、各御奉公者

 

 

 

写真左右:青年会、少年団、各部署での御奉公者


麻布での開筵式” への2件のコメント

  1. 日歓、日晨両上人とご一緒に写真のある宮武支部長は、川口ご住職のお母様方のお祖父様ですね!!

  2. コメント、ありがとうございます。そのようですね。私も初めて知りました。脈々と佛立信心が受け継がれているのですね。合掌。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。