門祖会での御利益談発表

ありがとうございます。

本日、門祖会第一座において御利益談が発表されましたので、内容を以下に紹介致します。

ありがとうございます。昨年お教化になった娘夫婦の、入信から御本尊奉安にいたるまでの経過を御披露させていただきます。

日晨上人御二十七回忌ご正当の昨年8月の初め、受持ちお講師より何としても御祥月命日までに、娘夫婦を教化するようにとお折伏をいただき、ご弘通御本尊をお預かりいたしました。娘夫婦の家には、他宗の大きな仏壇があり、その中にご両親のお位牌が並んでいるので、なおさら婿さんに言いそびれ、思い悩みながら自宅の御法前に、奉安のためご安置してある御本尊に向かって、早く奉安できるようにと御祈願しておりました。

ほどなくして、区画整理で建築中の等価交換のマンションが完成し、娘夫婦は入居致しました。家具の整理の手伝いのため新居に伺うと、何と、もとの家にあった仏壇は置いたまま、「お位牌だけ持ってきた」と言うのです。整理ダンスの上を見ると、ご両親のお位牌だけが置かれていました。

「これはお計らい。」と感じた私は、決定(けつじょう)して「新しいマンションに入ったのを機に、御本尊をお祀りしてご信心をしなさい。お戒壇は引っ越し祝いに私がご有志でプレゼントするから」と娘に勧めました。かつて青年会の御奉公をしていた娘は、快く入信書を書いてくれましたが、考えてみると、娘は良くても婿さんにどのように承諾してもらおうかと悩み、躊躇して、そこから先に進まずズルズルと日が過ぎていきました。

そうこうしている内に、痛めていた足をさらに痛めてしまいました。「足を怪我してしまい、お参詣御奉公ができなくなりました。」と、受持ちお講師に申し上げると、すぐにお助行してくださいました。その時お講師が、「これは信心で受け取らせていただくと、娘さん宅の御本尊奉安を早くさせていただきなさいという、御宝前からのお折伏ですよ」と申されました。

ハッと気付き、さっそく仏具屋さんに行って、マンションに合うお戒壇を決め、12月3日、お戒壇を安置させていただき、同時に御本尊さまを奉安させていただきました。ホッとしてマンションをあとに外に出た帰り道、「強引過ぎたかな、婿さんが会社から帰ってきたらなんて言うかな。」と、内心不安でドキドキしながら帰宅しました。

夜、婿さんから電話が入り、「あんなに立派な仏壇をいただいていいのですか。それに、両親の位牌も綺麗に並べていただき、ありがとうございます。」と、丁寧にとても喜んでくれました。それを聞いて、私も大いに安心致しました。

お蔭さまで、御宝前からのお計らいをいただき、足の怪我の回復も予想以上に順調に回復しております。これからは、娘夫婦のご信心の育成に気張って、若い世代のご信者が一人でも多く増えるように、力を注いでいきたいと思っております。

有り難うございました。(K.K) 

以上が体験談の内容です。

今年の御会式では、各座ごとに御利益談がご披露されます。ぜひ、御利益をいただかれた方の生の声を聞きに、明日も乗泉寺の御会式にお参り下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。