東日本大震災被災寺院の続報②

今回の災害を受けて、宗門により「本門佛立宗 東北地方太平洋地震災害対策本部のブログ」が立ち上がりました。以下にURLを表示いたします。
乗泉寺のホームページでも、独自に入った新しい情報は逐次アップさせていただきますが、宗門からの情報も併せてご覧ください。

http://ameblo.jp/hbs-higaijoho/

■3月14日朝の時点での新情報■

【気仙沼 清護寺】 岡山尚賢師と奥様との連絡がとれたそうです。清護寺の本堂は何とか無事だそうで、尚賢師は局次長と数人のご信者(名前等は確認とれず)とお寺にいらっしゃるそうです。孤立して救援待ちの状況だそうですが、食料等はお寺の備蓄により今のところ何とかなっているそうです。

【仙台 妙護寺】 本堂損傷、御宝前内陣全壊、信徒の安否把握不能、現在…御住職のご子息で乗泉寺教務の近藤教要師が駆けつけ救援のご奉公中。

【いわき市在住 乗泉寺信徒よりの提供情報】
①地震・津波・原子力での不安な毎日を送っております。
②水と食料がまったくなし。(救援物資なし)電気だけはついている。
③家はグチャグチャで、瓦も落ちている。
④家は高台にあるため、皆避難しにあがって来る。
⑤海岸は家ごと流された。誰が生きているのかもわからない状態。
⑥ガソリンもなく、自転車だけ。店も流されている。
⑦すぐ傍まで舟があがっている。
⑧火事も起こっている。
⑨精神的に疲れ果てている。

また新たな情報が入り次第お伝えします。皆様のご無事を心からお祈り申し上げております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。